1. TOP
  2. 刊行物
刊行物

「成功するコミュニティFM放送局」(2007年発刊)

地域を元気にする、地域防災、災害時情報提供メディアとして注目されているコミュニティ放送。
ところが多くのコミュニティ放送局が、運営面で苦戦している。
その中で、開局以来11期連続黒字経営を続ける局がある。山口県宇部市の FMきらら。

「成功するコミュニティFM放送局Ⅱ」改訂版(2014年発刊)

初版(2007年)に書いた「成功するコミュニティFM放送局」の改訂版。
初版以降開局した時の体験談を加えて書いたもの。

コミュニティFM放送局を開局して失敗する前に読む本(2017年発刊)

「成功するコミュニティFM放送局Ⅱ」改訂版は、276ページもあり、買ってはみたものの
全部は読まれていないなぁ・・・と感じるので、短い文章で書いた本。
「開局して1年で、これだけの赤字が出ています。」
「開局から3年が経過して、1億円の赤字になっています・・・どうしたらいいでしょうか?」
という質問を受ける。ルール通りやれば成功するが、開局後では、なかなかむずかしい。

コミュニティ放送の未来(2019年発刊)

「成功するコミュニティFM放送局」、「成功するコミュニティFM放送局Ⅱ」の
ページ数が多すぎて、買ってはもらったが読まれていないと実感した。
そこで「コミュニティFM放送局を開局して失敗する前に読む本」を書いたが、今度は簡潔過ぎて
言葉足らずを感じ、書いた本。
言っていることは、これまでと変わらない。

「地域」をブランド化するー山口県宇部市、私達のとりくみー(2010年発刊)

地域を元気にする戦略のひとつに、地域ブランド戦略がある。
まちを元気にすることが使命でもあるコミュニティFM放送局としては、
地域ブランド戦略構築に一役買うべきである。
FMきららのある宇部市の市長から、地域ブランド戦略の構築を依頼された。
市長が交代したことで、志半ばで終わったが、それまでの軌跡を書いた。